MENU

ニベアの青缶で妊娠線は予防できる?効果と口コミ

 

ニベアの青缶は昔ながらの誰もが知っているおなじみのクリームです。
海外の高級クリームである「ドゥ・ラ・メール」の成分とほぼ同じだと注目もされ、TV番組の「ためしてガッテン」で紹介されて人気を呼びました。

 

CMでは妊娠線予防にも使えると宣伝され、妊娠線対策に使っているという人も増えたようです。
かなり安く買えてコスパは最高ですが、妊娠線のケアとしては効果は期待できるのでしょうか。

 

 

「ニベアクリーム」青缶を辛口チェック!

 

使いやすさ

 

容器
缶なので使う量が調整しやすいです。
容量は大きなものから小さなものまであるので、初めての人は少なめの量のものから試すのがいいと思います。
ただ大缶だと置く場所に少し困るかもしれません。

 

テクスチャ
テクスチャは固めですのでお肌を傷つけないように手のひらでしっかり温めてから塗るのがおすすめです。
少しべたべたするので苦手という人もいるかもしれません。
その場合は青缶ではなくニベアの「プレミアムボディミルク」などのボディミルクの方が使いやすいです。

 

香り
花の香りを参考にして作られた香りで香料が使われています。
我が家では母がニベアを使っていたのでお母さんの香りというなような懐かしい香りです。
塗っていると「あ、ニベアの香だ!」と気づかれることも多いかもしれません。

 

配合成分

 

全成分表示はこちらになります。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

 

グリセリン、ホホバ油は肌の水分をキープしてくれる保湿成分になります。
肌の水分が蒸発するのを防いでくれる油分は最も多く、ミネラルオイル、ワセリン、シクロメチコン、ラノリンアルコール、スクワラン、オレイン酸デシル、オクチルドデカノールと7種類配合されています。

 

保湿力
油分の成分が多く含まれるため肌に油の膜が張られて乾燥を防いで肌を保護してくれます。
ですが水分をキープする保湿成分はグリセリンとホホバ油の2種類のみで美容成分は配合されていません。
特に年齢を重ねると肌の水分量は低下するため、肌内部の水分が不足していると潤いもキープできずに乾燥してしまいます。

 

 

品質・安全性
ニベアクリームの油性の成分はほとんどが石油由来のものになっています。
石油由来と聞くと肌に悪そうなイメージですが、現在は精製技術も整っているためそれほど気にする必要はありません。

 

ただ、青缶に毎回直接指をいれてクリームをとることになるので雑菌の繁殖が心配です。
ですので小さい缶やケースを用意して小分けして使うといいと思います。

 

会社の信頼性
ニベアの製造メーカーは花王株式会社です。
花王は大手化学メーカーで創業1887年と歴史も古く、国内外に沢山の向上や販売拠点も持っています。
化粧品では国内2位のシェアを誇り、ソフィーナ、エスト、カネボウといったブランドがあります。

 

ニベア青缶に関してはもともとドイツの会社で1911年に発売されたものですが、1968年から日本でも販売されています。
長年世界で愛用されているクリームなので信頼性もあります。

 

「ニベア青缶」のみんなの口コミ

 

良い口コミ

 

妊娠中に、妊娠線予防に毎日塗ってました!
しっとりするし、お陰様で妊娠線も出来なったので素晴らしいです!コスパも最強!!!


 

 

ベタつきはありますが、しっかり保湿できている印象です。
妊娠中のためお腹の保湿にも使用していますが、クリームなので伸びはあまり良くない印象です。
しかし肘や膝、他の保湿には毎晩欠かせません。すでに3つは使い切っています


 

抜群のコスパ、保湿力を感じるという口コミが多かったです。
ですが実際に「妊娠線予防に使って妊娠線ができなかったよ!」という口コミはほとんどが20代のユーザーでした。
伸びが悪いからか沢山量も消費している印象で、妊娠中にかなりの個数を買ったという人もいました。

 

悪い口コミ

 

 

顔にも体にも、妊娠線予防にも使えるとCMで見たので、低コストで予防できるならラッキーと購入。
使ってみると、伸びが悪く、べたつくし、塗ると白くなって馴染むまで塗りこまなきゃいけないので大変。
保湿力もイマイチで、カサつきます。
あとは固い分刷り込む力が加わるので、肌に優しくはないんじゃないのかなぁと思いました。
しっとりふっくら肌は手に入らず。
合う合わないあると思いますが、私には合いませんでした。


 

 

妊娠中、妊娠線の予防にいいと聞いたので塗り続けていましたが、妊娠線が出来てしまいました...。まぁこればっかりは仕方ないですけどショックです(^_^;)
伸びは悪いしベタベタするしで私の好みではないです...が、保湿力はいいと思います。
私は乳液タイプの方が好きです。


 

伸びが悪い、べたべたする、保湿力を感じず痒みがでたという口コミがありました。
「実際に妊娠線ができてしまった」という口コミもほぼ20代のユーザーだったので、妊娠線予防に使おうというのは20代のお肌に自信がある人が多いのかなと思いました。

 

 

ニベア青缶の総合評価

 

スーパーや薬局、ドラッグストアなどどこでも売っているので手軽に手に入るは嬉しいです。
妊娠中は遠出もしにくいので便利です。

 

かなり安く手に入りますし保湿力もありますが、妊娠線予防専用のクリームと比べるとやはり肌を柔らかくしてくれる効果や塗り心地が劣ると思いました。
ですので妊娠線クリームを塗って、さらに保湿や乾燥が気になった場合に仕上げに使うのがいいと思います。
油分が高いのでハンドプレスで仕上げすればしっかりと水分をお肌に閉じ込めてくれます。

 

妊娠線専用のクリームなら、肌を柔らかくして急激に大きくなるお腹へ対応するための成分が含まれています。
妊娠線を防げるのはあくまでも妊娠線専用のクリームになるので保湿の補助として使うのがおすすめです。

 

 

妊娠線予防クリームランキングTOP