妊娠線ができた!これできるケア方法は?

妊娠線のでき始めは、陰毛の上あたりに数本縦線として現れることが多いです。
初めは気にならない程度なのですが、腹囲が大きくなるにつれ、痒みも増し、妊娠線も目立つようになってきます。
多い方では、腹囲全体にかけて妊娠線が縦一面に連なる事から、スイカのようになってしまう事もあります。

 

 

時間が経てば妊娠線の色味が白っぽく目立たなくなることはありますが、消えてなくなる事はありません。
妊娠線が無数に出来てくる前段階で、妊娠線ケアに努めていきたいですね。

 

妊娠線が出現!妊娠線ケアでできる事は?

もし妊娠線ができてしまっても諦めずにケアすることで最小限にとどめることができます。

 

体全体の妊娠線の有無をチェックする!

 

1度妊娠線が出来てしまったら、受けるダメージは大きいですが、落ち込んでいる暇はありません。
1日でも早く対処していきましょう。
その為にも、まずは体全体の妊娠線チェックが必要です。

 

何故かというと、他にも妊娠線が現れやすい部位があるからです。
それは、二の腕・太もも・臀部の下・胸や胸の下です。
特に先生から、「少し体重が増えすぎですよ!」と注意された方は、お腹を確認すると同時に、これらの部位も確認すると早めに発見でき、妊娠線ケアができますよ。

 

お腹が大きくなってくると、なかなか確認する事も大変になってきます。
そんな時は、パートナーや上のお子さんなんかに確認してもらうのもお勧めです。

 

妊娠線が発覚した後は頻繁に保湿を!

「保湿を毎日していたのに妊娠線できるなんて…!」とショック受ける方もいるでしょう。
保湿が十分でなかったり、体重の急激な増加が原因で、予防していたのにも関わらず、妊娠線が出現する事があるのです。

 

赤ちゃんが成長するにつれて、腹囲はみるみるうちに大きくなってきます。
妊娠中はどうしてもお腹がすきますし、体重を増やさないようにする事は、かなり大変ですよね。

 

そこで、対応策として今まで実践していた保湿の仕方を思い返してみましょう。
保湿を頻回に行う以外にも、高価な物でなくても、自分の体質に合った妊娠線クリームに変えてみたり、美容液入りの専用クリームを試してみたりして、模索してみましょう。

 

もし、安くて量が多いものを選ぶか、少し高いけど質の良い物を選ぶかで迷われている方がいるのであれば、少し高価な妊娠線クリームは効き目の優れている成分を使われているものが多い為、試してみるのも良いですよ!
私がお勧めする3つの妊娠線ケアクリームがありますので、これから紹介します。

 

AFC マタニティクリーム


約1ヶ月試せて、120g入り2,800円。

 

成分内に葉酸が含まれている事により、皮膚や妊娠線の肌を良い方向に導いてくれ、既にできてしまった妊娠線を妊娠前の状態に戻そうと手助けしてくれます。

 

実際に試してみたのですが、保湿力に優れていましたよ。
他にも保湿・美容成分に優れている上にコスパも良いので試す価値はありますよ。

 

 

アフターボディトリートメントクリーム(ノコア)


約1〜2ヶ月試せて、100mL入り10,870円。

 

商品名にもアフターとありますが、こちらは妊娠線が出来た後におすすめのクリームです。
オイルと併用することでより効果的になります。

 

 

ベルタマザークリーム


約1ヶ月試せて、120gで、6980円。

 

6980円ってわりと高いですが、妊娠線予防効果の実証されているシラノール誘導体など美容成分がたっぷり配合されていて、海外では、妊娠線減少の効果が現れています。
そして、オーガニック・無添加ですので赤ちゃんと一緒に使用できるので、満足度は高いですね。
初回は、500円で送料無料お試しができます。

 

美容液入りの妊娠線専用クリームを使用すると、普通のクリームよりもずっと潤うのでびっくりするかもしれません。

 

 

産後も毎日妊娠線専用クリーム塗布と、保湿マッサージを続けよう!!

 

妊娠前まで、綺麗だったお腹にいきなり妊娠線が出現したら、誰しもダメージがあります。
一生懸命ケアをしていても、その人の体質や体重の増え方により、妊娠線が出来てしまい、ケアをするのが億劫になったり、気持ちが沈んでしまったりする方もいるでしょう。

 

でも、沈んでばかりいては、お腹の中にいる赤ちゃんに対してストレスになる可能性もあります。
妊娠線の事で、悩みを抱え込んでしまったり、ストレスになる事が、負担になってしまいます。

 

継続して続ける事が大切です!
お風呂上りは、身体の汚れも落ちているし、薄着でクリーム塗布しやすい状態ですので、毎日朝とお風呂上りに1日2回と気になるときに塗りましょう。

 

残念ながら、妊娠線は無くなる事はありません。

 

ですが、塗り続ける事で、ピンク色であった妊娠線がかなり薄くなります
産後はピンク色でも、時間が経ってくると、約3ヶ月〜半年程で肌の色に馴染んできます。

 

出来てしまった後もクリームで保湿し改善していきましょう。