妊婦の私が選んだ!妊娠線クリーム人気ランキング

妊娠して気になることのひとつが妊娠線です。
でも妊娠線専用のクリームって何故かとっても高い(;;)
5000円オーバーのものも普通にあります。

 

妊娠線は一度できたら消える事はないのでそれを防げるなら安いものかもだけど、、(-ω-;)

 

出来ればなるべくコスパが良いものでおさえられればいいですよね。

 

 

妊娠線の写真はスイカの模様のようにショッキングなほど目立ってしまうものもあります。
可能なら「妊娠線を絶対予防したい!」だけど「コスパもおさえたい!」のが実情だと思います。

 

ここでは実際に妊婦の私が体を張って、なるべく安く妊娠線を予防できるクリームを比較しました。

 

 

妊娠線ってどうやってできるの?その仕組み

妊娠線は急激に大きくなるお腹や胸に、真皮層のコラーゲン組織がついていけずに断裂してしまうことでできます。

 

妊娠線を予防するにはお腹が目立つ安定期よりなるべく早くから妊娠線予防クリームを塗ったほうが効果的です。
そうするこどで皮膚を柔らかく伸びやすい状態にして急激に伸びる皮膚に対応することができます。

 

妊娠線のできやすさは個人によって違います。

 

・双子などの多胎児妊娠
・もともと小柄で痩せ型
・経産婦
・妊娠して急激に太った(体重増加12キロ以上)
・乾燥肌
・アトピー体質
・運動不足の人
・妊娠して胸がはってバストアップした人
・35歳以上で高齢妊娠

 

これらにあてはまる人ほど妊娠線ができる可能性は高くなってきます。
3つ以上あてはまれば要注意といっていいでしょう。

 

 

妊娠線予防クリームの選び方の3つのポイント

妊娠線クリームは次の3つのポイントを基準に選ぶといいです。

 

使いやすさ

妊娠中は特につわり時は匂いには敏感になります。
強い香りのものは気分が悪くなったりする場合もあるのでなるべく無香料や匂いが強くないものにしましょう。

 

また、べたつきの少ないなるべくさらっとしたテクスチャのクリームの方が不快感もないですし、服についたりする心配もしなくてすみます。

 

配合成分

妊娠して急激に大きくなるお腹に対応するにはとにかく高い浸透力・保湿力が重要です。
しっかりとした保湿成分の他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分や葉酸も入っていると尚いいです。
妊娠線は真皮層のコラーゲン繊維の断裂でできるので、コラーゲン繊維を強化したりターンオーバーを促す成分は妊娠線予防に有効です。

 

低刺激性

妊娠中は敏感肌でない人でもホルモンのバランスが崩れるためお肌が敏感になります
なるべく無添加のものや自然由来のお肌に優しい成分で作られたものを選びましょう。

 

 

発表!これが体を張って実感した良コスパ妊娠線予防クリームランキング!

私は現在35歳で2人目妊娠中で、1人目は31歳で出産し、色々な妊娠線予防のクリームを試してきました。
過去の妊娠時の経験も含めてコスパがよくて品質もいい妊娠線予防クリームを総合的に比較していきたいと思います。

 

妊娠線予防で大切な

 

@使いやすさ
A配合成分・効果
B低刺激性

 

の3つのポイントに注目しつつコスパの良い妊娠線クリームのおすすめを紹介します。
妊娠線は一度できたら直らないため予防は重要なことなので、辛口めで評価しています。

 

総合評価D(あまりオススメできないかも)

妊娠線専用じゃないとやっぱり厳しい「NIVEA青缶」

 

 

販売メーカー:ニベア花王株式会社
内容量:169グラム
注目成分:スクワラン、ホホバ油
低刺激性:無着色
価格:約600円

 

妊婦の私が使った評価

海外の高級クリームと成分がほぼ同じ!などで話題になったニベアの青缶。お値段もお手頃だし昔からある馴染みのスキンケアクリームです。

妊娠線対策にも「ニベアを塗っておけば充分」とネット相談や産婦人科でも言われたという人もいるほど。
しかしニベアでできるのは保湿のみ。妊娠線予防に効果的な成分は入っていませんので予防効果は不安です。

NIVEA青缶の詳しい解説を読む

 

総合評価C

妊娠線用のボディクリームでは最安「ピジョンボディマッサージクリーム」

 

 

販売メーカー:ピジョン株式会社
内容量:110グラム
注目成分:ヒアルロン酸・コラーゲン・シアバター・葉酸
低刺激性:着色料・香料無添加
価格:1600円
備考:250g・2,600円のボトルタイプもあり

 

妊婦の私が使った評価

マタニティやベビー用品で有名なメーカで安心感のあるピジョンからの妊娠中のボディケアクリーム。ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分や天然植物油脂シアバターや葉酸も配合されていて着色料・香料無添加です。

西松屋や赤ちゃん本舗にも売られているので気軽に購入できると思います。価格も妊娠線用クリームではかなり安いのでお試ししやすいです。
妊娠線用クリームとあって、普通の保湿クリームより保湿力も塗り心地もいいですが妊娠中期からは人によっては痒みや乾燥がおさまらないです。

ピジョンボディマッサージクリームの詳しい解説を読む

 

甘い香りに気分も上々「犬印モイスチャーミルク」

 

 

販売メーカー:株式会社 犬印本舗
内容量:200ml
注目成分:ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン(保湿成分)
低刺激性:石油系乳化剤無添加・無香料・無着色
価格:1900円

 

妊婦の私が使った評価

妊婦帯で有名なマタニティのトップブランドの犬印本舗からの妊娠線ケアミルク。安価なのにヒアルロン酸やコラーゲンそしてエラスチンといった美肌には欠かせない成分が入っています。石油系乳化剤無添加で添加物にも気を使われています。

グレープフルーツの香がとっても良く、アロマ効果もあります。1人目のときは最後までこちらでも乾燥やかゆみを防げました。
冬場の乾燥の時期や人によっては乾燥を防ぎきれないかもしれません。。

 

犬印モイスチャーミルクの詳しい解説を読む

 

 

総合評価B

 

大容量でコスパ良し!充実の成分で赤ちゃんにも◎「フォーファム ボディミルク」

 

 

販売メーカー:株式会社magicnumber
内容量:300グラム
注目成分:コメヌカ油・スクワラン・アルガンオイル・コラーゲン・ヒアルロン酸
低刺激性:パラベン・香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール無添加
価格:2900円

 

POINT

日本だけでなくアメリカのマタニティランキングで1位、ペアレンティングアワードも受賞しており世界的にも人気なマタニティクリームです。
300グラムの容量に対して値段が安いのでかなりコスパもいいです。
低刺激・高保湿で新生児からの赤ちゃんの肌ケアにも最適で産後も大活躍してくれます。
保湿力が高く、19種類の植物由来成分配合で妊娠線予防効果や美肌効果もばっちりです。

 

フォーファムボディミルクの詳しい解説を読む

 

総合評価A

出来てしまった妊娠線すら改善の実力「AFCマタニティクリーム」

 

 

販売メーカー:株式会社エーエフシー
内容量:120グラム
注目成分:葉酸・ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ・アラントイン・ヘスペリジン・コラーゲン・ヒアルロン酸
低刺激性:香料・着色料・鉱物油無添加
価格:2800円

 

POINT

葉酸の肌のめぐりを促す効果に注目し、特別に研究を重ねて配合してできたAFCマタニティクリーム。
出来てしまった肌の凹凸すら修正して滑らかなお肌にしてくれます。
何年も経った妊娠線や肉割れにも改善効果があり、もちろんしっかり予防もしてくれます。
保湿力はかなり高く、臨月の引っ張られたお腹もしっかりケアして、痛みやかゆみを取り除いてくれます。
定期便を利用すれば単価2240円まで価格を抑えられてコスパもとてもいいです。

 

AFCマタニティクリームの詳しい解説を読む

 

 

安いクリームで妊娠線は本当に防げる?

妊娠線のできやすさは、年齢や体系など様々な条件で違ってくるので、一概に安いから妊娠線が防げないということはありません。

 

ただ、妊娠線ができる前兆として、

 

  • 肌がカサカサに乾燥する
  • 痒み、痛みがある
  • 肌がつっぱる
  • 湿疹や肌荒れが起きている
  • うっすらと白い線がみえる

 

というような症状があります。

 

このような症状を防いだり、完全できない場合はもっと成分がいい高めの妊娠線専用クリームに変えた方がいいです。
そして、妊娠線は初期でも突然できることもあるので、なるべく早くから、妊娠線予防の成分をしっかり含んでいるクリームを塗った方が確実に予防できます。

 

 

安い妊娠線予防クリームのデメリットは?


妊娠線予防には妊娠線を防ぐための成分がたっぷり含まれていることが重要ですが、安いクリームには配合成分がなかったり少ないです。

 

妊娠線予防には真皮まで保湿でき、潤い・弾力・伸縮性を保持する成分が必要です。

 

例えば、コラーゲンやエラスチンは弾力性をサポートしてくれます。
アルガンオイルといった肌馴染みの良いナチュラルオイル配合のものは肌を柔らかくし、弾力性をもたせてくれます。
そしてアミノ酸などの保湿成分にこだわったものの方が安心です。

 

また、高いクリームは余計なものがなるべくないように原料や添加物にも配慮されています。
普段は気にならない匂いも妊娠時にはきになってしまったり、肌も敏感になるので、出来れば低刺激性の高いものを選んでおきたいところです。
特に配合される植物オイルなどは安価なものだと残留農薬などもの危険もあります。

 

 

コスパはおちるけど妊娠線予防効果が高いおすすめのクリーム


価格が高い妊娠線予防クリームは原料が高かったり難しい配合のものが使われています。
プラセンタなどの高級美容成分や、シラノール誘導体といった海外では妊娠線予防で有名な成分も配合されています。

 

コスパ重視のクリームではかゆみや乾燥を防ぎきれない場合や、絶対に妊娠線を予防したい人は、もう少し高いクリームを検討してもいいかもしれません。
その中でもベルタマザークリームは効果や成分が良くおすすめです。

 

「ベルタマザークリーム」

 

 

販売メーカー:株式会社ビーボ
内容量:120グラム
注目成分:シラノール誘導体・コエンザイムQ10・葉酸・へスぺリジン・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ
低刺激性:パラベン・香料・着色料・タール系色素・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・シリコン・紫外線吸収剤無添加
価格:定期便初回500円2回目以降4980円

 

 

妊婦の私が使った評価

海外で有名な妊娠線に効果のあるシラノール誘導体を配合。そのほかにも葉酸やコラーゲン、プラセンタなど美肌成分がこれほどリッチに配合されているのはベルタマザークリームだけだと言えます。

お値段はやや高いですが定期便だと初回500円でかなりお得に始められます。
絶対に妊娠線は作りたくない、さらに産前よりも綺麗になりたいママはこれ一択だと思います。

 

ベルタマザークリームの詳しい解説を読む

 

 

まとめ:安くてもなるべく品質のよい妊娠線予防クリームを選ぼう!

本格的な妊娠線予防クリームは容量が少なくて5000円オーバーといった高額なものも少なくありません。
ですが品質が高くてコスパのいいものもあります。

 

ランキングで紹介したフォーファムやAFCのmiteteマタニティクリームは、私は高額なクリームと同じくらい妊娠線予防のための成分が豊富だったり、保湿力も実感できました。

 

高額なクリームは必要ないと思いますが、自分の体質や妊娠線のできやすさに応じて、妊娠線予防力の高いクリームを選びたいところです。
また、赤ちゃんにも影響してしまう大切な時期に使うものなので、安さだけではなく、安全性や低刺激性にもきちんと考慮されているものがいいです。

 

子供が出来ると一緒にお風呂に入ったりプールへも行くので、妊娠線をしっかり予防して、自慢のきれいママになっちゃいましょう^^